映画やパン、旅行のことをごくまれに書いてます


by 1129yuzu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

私にとって、2月のアカデミー賞発表はかなり楽しみな事です。大好きな俳優や作品がノミネートされたらうれしいし、全く知らない俳優さんを発見出来る喜びもあります。今年度は大好きなジョニーデップとケイト・ブランシェットがノミネート。ジョニーはゴールデングローブ賞は受賞してるけど、オスカーはまだ受賞なし。ケイトは過去に、助演女優賞を獲得してます。ジョニーには取ってほしいけど、私としては、おかしなメイクをしたり、暴れん坊のジョニーより、「フェイク」や「妹の恋人」のような演技で獲得して欲しい。
結果として、二人とも獲得ならず。今年は私にとっては、どの賞も地味な感じでした。もちろん、賞を取った人は素晴らしい演技を評価されているので、作品は観たいです。主演男優賞を獲得した、ダニエル・デイ・ルイスは2度目の主演男優賞受賞。素晴らしいです。彼はかなり有名な俳優なのに、出演作品はわずか8本だそうです。意外。一時は俳優を休んで、靴職人の修行をしていたという変わった人だけど、俳優としての才能は休んでいても消えなかったみたいです、

賞の他に注目だったのは、妊婦の女優さん。ケイト・ブランシェットは3人目を、ジェシカ・ピールとニコール・キッドマンは初めての子供を妊娠中でした。3人とも、妊婦だというのにスタイル抜群で、美しい。

そんでもって、私は「エリザベス ゴールデンエイジ」を観ました↓
b0109812_2348553.jpg

映画に魅了されたのは、ケイトの演技と、脇を固める俳優の素晴らしさ。話の構成もわかりやすかったです。今作はイギリスの女王としての責任の重圧、一人の男性への恋心がわかりやすく描かれていました。ケイトは素晴らしい女優です。この人こそ、本当の女優だと思いました。
[PR]
by 1129yuzu | 2008-02-26 23:55 | 映画

パン作りはおもろいな

先週末はひどいお天気でしたけど、家には閉じこもらず、買い物に行ったり、トレーニングに行ったりしてました。でも、酵母が完成したので、ベーグルとイギリスパンを焼いてみたらこれが大成功。特にイギリスパンは歴代1位の出来。味も満足です。夜から仕込んだので、発酵機には入れずに常温発酵。12時間くらいで2倍強になりました。生地もしっとりしていて成功を予感させます。2次発酵は30度くらいで2時間かかりました。焼成では釜伸びもして焼きムラもなく、思わずニンマリなのでした。
b0109812_23313233.jpg


ベーグルは1次発酵なしタイプとありタイプの2種類を作りました。

1次発酵なしで最終発酵1時間半↓
b0109812_23325050.jpg


1次発酵2時間で最終発酵40分↓
b0109812_23332376.jpg

チョコ入り↓
b0109812_23334419.jpg


見た目には変わらないように見えるけど、1次発酵ありタイプの方が一回りくらい大きくなりました。食感は1次発酵なしの方がむぎゅっとして、好みです。でも、どちらも個性的で美味しかった。
[PR]
by 1129yuzu | 2008-02-26 23:39 | パン作り
ちょっとくせを掴むのに苦労した新しいオーブン。スチーム機能がついているけど、あまり利用する機会がないです。得意のベーグルは一度目は失敗しましたが、今回は成功しました。成形もかなり気に入ってます。

プレーン
b0109812_2210312.jpg


チーズ胡椒(中身の写真ないです)。表面に見える黒い粒が胡椒です。
b0109812_22111343.jpg


角食。味はまあまあ。
b0109812_22114688.jpg

b0109812_2212250.jpg


新たに天然酵母も育成中ですので、パン作りをせっせとしていこうと思います。

おまけのチョコチップマフィン。とうとうマフィン型を買っちまった。
b0109812_22132425.jpg


家の家族、パンをあげても、マフィンをあげても反応なし。美味いとも不味いとも言いません。反応が無い人にあげるって、虚しい。。。


あっ、とっても素敵な映画観てきました↓キャストがみんなチャーミングで素敵です。永作さん、恐ろしい37歳。
b0109812_2222108.jpg

[PR]
by 1129yuzu | 2008-02-13 22:15 | パン作り

スウィーニートッド

大好きなジョニーの作品は映画館で観ないと!と意気込んで、前売り券まで買ってようやく観てきました。この作品でゴールデングローブ賞ミュージカル部門の主演男優賞を獲得しました。
さて、観た感想ですが、一言で言うと、好きなタイプの作品ではありません。監督の世界観を押し付けている感じもするし、悲しくて、残酷で、気持ち悪かった・・・・。
ジョニーはかなり歌が上手かったけど、ヘレナボナムカーターは歌が下手っぴでした。カップルで観るタイプの作品ではないと思います。たぶん。

(作品紹介)
舞台は19世紀の英国・ロンドン。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、殺人理髪師スウィーニー・トッド。胸には復讐、目には狂気、そして手にはカミソリを――。『チャーリーとチョコレート工場』のコンビ、ジョニー・デップ×ティム・バートン監督が贈る最新作。デップの本格的な歌声も披露される。

b0109812_22113663.jpg

b0109812_22115241.jpg

[PR]
by 1129yuzu | 2008-02-03 22:12 | 映画