映画やパン、旅行のことをごくまれに書いてます


by 1129yuzu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おなじみの面々

パンもたまに焼いてますよ。相変わらずベーグルですけど。お昼にサンドイッチにして持って行きやすいのでどうしてもベーグルになってしまいます。

今回は生地にベーコンを混ぜて、中にチーズをin。ぷくっと出ちゃってます↓
b0109812_0481840.jpg


こちらは友人の為に焼いたもの。冷蔵発酵させたら天然酵母のような食感になりあまり膨らみませんでした。仕上がりもちょっと固かった。Y子ごめんよ。中身は栗と大納言。秋やね。
b0109812_050173.jpg

b0109812_0501866.jpg


久々にスコーンも焼成。普段は卵を入れないけど今回は入れてみました。昔はサクサク系が好みだったのに最近はスタバや神戸屋キッチンのようなソフトなスコーンが好みです。あれって、卵とか生クリームが入っているんじゃないだろうか。あの食感は理想です。チョコ入り。
b0109812_052890.jpg

[PR]
by 1129yuzu | 2007-11-21 00:57 | パン作り

最近の映画鑑賞

ここ最近、たくさん映画を観たので紹介します。まずは劇場で観た作品から。

「マイティハート」

・見終わった後に胸が苦しくて、悲しくてたまらない気持ちになりました。2002年にパキスタンで取材中にテロリストに誘拐、殺害された実在のジャーナリスト、ダニエル・パールの妻が著した手記を映画化した社会派ドラマです。
身重の中、夫と共にパキスタンに向かった妻。危険を伴う仕事である事は彼らも重々、承知の上だったと思うけど、あまりに悲惨すぎました。でも、これが現実なんです。まだ、事件から5年しか経っていません。妻はどんな気持ちで手記を書き上げ、この映画を観たのでしょうか。

日本にも自ら危険地帯に乗り込んで取材をしているジャーナリストがいます。そして、命を落としてしまう人も。
ただ、そういう人たちの取材によって、私達は紛争、宗教問題で揺れる国々の実態を知る事が出来るのです。それが、悲しい現実なんですね。
b0109812_036794.jpg



「続・三丁目の夕日」

・気持ちよく泣ける映画でした。このキャストでなければ作れなかった素晴らしい映画です。泣けて、笑えて、最後にまた泣ける。日本映画の実力を発揮した作品ではないでしょうか。
やはり、主演男優は吉岡秀隆ですね。もう、顔を見ただけで泣けてきます。もともと、泣き顔の彼がいい台詞を言うともう私の涙腺はゆるゆるです。あの、不器用な感じがもうたまらないです。子役もみんな演技派です。レベル高し。今回はパート1よりももたいまさこの出番が多くてうれしかった。個人的には彼女にベスト存在感賞をあげたいです(笑
b0109812_0371779.jpg


「転々」

・これ最高です!ドラマ「時効警察」の監督&メンバーが大好きな人ならこの映画も大好きなはず。話の流れ、一つ一つの台詞が凝っていて、観客を飽きさせず、ここでこの人を起用するか!という意外性がまた面白い。三浦友一の長髪でどこか汚らしい感じもオダギリジョーの将来にあまり希望をもっていない大学生8年生も2人の雰囲気にぴったりでした。ミニシアターらしい、とっても心の温まる作品です。超超おすすめ☆
b0109812_0391750.jpg

b0109812_0395176.jpg


ここからはDVDです↓

「あるスキャンダルの覚え書き」

・主演の女優2人が上手すぎて、どんどん映画に引き込まれていきました。ロンドン郊外の中学校で歴史を教える教師バーバラ・コヴェット(ジュディ・デンチ)はある日、新任教師シーバ・ハート(ケイト・ブランシェット)に興味を抱き、何とかして親しくなろうとします。そんな時、バーバラはシーバのとんでもない秘密を知ってしまうのです。
そしてバーバラはそれを日記に書き記していきます。心を許せるのが愛猫だけだったバーバラの前に突然現れた美しいシーバ。2人が辿る運命は・・・・。
怖くてハラハラしてなんか、映画観てる~って感じです。私は大好き。
b0109812_0414046.jpg


「東京タワー」

・この映画を含めて、2時間ドラマ、原作本、連ドラ(これはラストの方だけ)全て制覇しました。一番良かったのはやはり、原作本。泣きました。電車の中でも泣いたし、ご飯を食べながらも泣きながら読みました。主人公マー君に自分の精一杯の愛情を死ぬ時まで注いできたオカン。最期まで東京タワーに登れなかったオカン。でも、たくさんんの東京での仲間に送られたオカンはとっても幸せだったろうな。

映画は汚らしい格好がおそらく日本人俳優で一番に似合うオダギリジョーがマー君を熱演。上手かったです。人間として堕落している部分やオカンへのマザコンぶりが本当に上手かったです。樹木希林は文句なく素晴らしい女優さんです。東京での慣れない生活にとまどいながらもマー君の傍にいられる幸せな気持ちやオトンの前で見せる少女のような恥じらいの顔、抗がん剤に耐えて苦しむ様子がリアルで涙を誘いました。見終わった後、私ももうすぐ一緒に暮らす母親の事を思い出してしまったのでした。
b0109812_0431456.jpg

[PR]
by 1129yuzu | 2007-11-21 00:45 | 映画

やっぱりパンが好き

私の大好きなパン屋さんがなくなってしまいました。お店は遠くて一度しか行ったことはないけど、通販の再開を心待ちにしていたのでとても残念です。好きなパン屋さん、ベスト3に入るお店でした。
事情はよくわかりません。最近はシェフが本も出版して好調だったように思えたのに残念です。シェフは私と同じ歳で、すばらしく美味しいパンを焼く人です。ここのイングリッシュマフィンは私の一押しだったし、リュスティックを食べた時の衝撃は忘れません。また、きっと再開してくれることを信じたいです。

最近は東京にも美味しいパンが出てきました。関西のお店も進出したりしてうれしいけど、何となく寂しいような。関西で食べた時は美味しくて感動したのに、東京で食べると、ん??と思うことも。
その土地で食べるから美味しいパンってあると思います。だから私は大きく展開していない個人のパン屋さんが好きです。どんなに遠くてもそこの味に惚れてしまった人は必ずリピートします。たまにしか食べれないから美味しさも倍増するし、パンを大切に食べたいなと思うのです。

パンを好きになって10数年、焼くようになって約8年。今後も美味しいパンを求めて私は突き進みます。

最近焼いたパンたち↓
b0109812_23153561.jpg

バターロール生地に鹿の子豆と黒豆を混ぜてみました。

b0109812_23163517.jpg

おなじみのベーグル。これはプレーン。満足のいく成形です!

b0109812_23171342.jpg

中に鹿の子豆と黒豆を入れて、上に白ごまをトッピング。初の試み。

b0109812_2318881.jpg

中身はこんな感じ。

b0109812_23184172.jpg

ネットで検索して美味しそうだったので作ってみたクッキー。東○トのオールレーズンに似てます。なかなか美味い!
[PR]
by 1129yuzu | 2007-11-03 23:21 | パン作り